So-net無料ブログ作成

旧横浜正金銀行本店には目つきの悪いサカナが? [たてもの博物館]

横浜県立歴史博物館で企画された「重要文化財旧横浜正金銀行本店本館建物公開」に参加してきた。
旧横浜正金銀行本店本館は,1904(明治37)年に建設された銀行で世界三大為替銀行のひとつにも数えられた銀行。設計したのは妻木頼黄で明治時代の近代建築に尽力した日本人のひとり。近くにある赤れんが倉庫も妻木の作品なのだ。

今日の建物公開では,いつも非公開である屋上と階段,地下室を見学できた。館内は撮影禁止だったのが残念。創建当時の姿を残す地下室にあった金庫は竹内金庫店製。重厚な造りでエンブレムの八咫烏(やたがらす)が誇らしかった。

で,屋上に上ると目前にドーム(復元)。
下からみると何かくっついてるぞと思っていたのはドルフィン。
IMG_7849.jpg

鱗があるし目つきも悪い。銀行の装飾には夜の番人ふくろうがモチーフになっている所が多いけどここはなぜかイルカさん。火除けなのかも。
IMG_7858.jpg

ドームの中にも入らせてもらった。
ドームの内側は明かり取りからの光のみで薄暗く特別何かがあるわけでもなかった。
いつもは完全に閉じられているから鳩の巣もなくきれいだった。
IMG_7891.jpg

旧横浜正金銀行本店本館の建物公開は年に数回開催されるので興味のある人は横浜県立歴史博物館のホームページで情報をチェックしておこう。創建から1世紀を経て今も大切にされている建物は近代建築好きにオススメ。

今も残る明治建築もあれば取壊される建物も。
北仲通北地区にあった旧帝蚕倉庫の建物群(北仲BRICKと北仲WHITE)が解体されまくり。真新しく見える赤れんがの瓦礫の山が痛々しい。
二度と作れない赤れんがの建物を壊した後には,奥に見えるランドマークタワーのような高層ビルを建てるそう。横浜には赤れんが建築が残ってほしかったなぁ。
IMG_7941.jpg

そしてもうひとつ。
144年の歴史を持つ横浜松坂屋のネオンが26日で消える。
IMG_7999.jpg

店内は買い物客でごった返していた。
カメラで写真を撮り閉店を惜しむ人をあちこちで見かけた。
マスコミの方も三脚立てて撮影中。
IMG_8030.jpg

外観はレトロモダンでよい建築。取り壊される前にひとめ見れてよかった。
IMG_7970.jpg

タグ:明治モダン
nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

トラックバック 0